So-net無料ブログ作成
検索選択

サンタクロース村 [育児日記海外編]

サンタクロースに会いました。
サンタクロース

撮影は禁止です。
撮影禁止
ビデオファイルと写真をあわせて60€も出して買いました。
子どもだけの写真にしておけば40€で済みましたが、
みんなの写真を買ってしまったのでこのお値段。

サンタクロース・ポストオフィスからはがきを出しました。
はがき
すぐ届くコースとクリスマスに届くコースが選べます。

ホテル側にいるもうひとりのサンタに会いに行くと、
なぜかどこぞで見慣れた石屋製菓の展示が。
石屋製菓
ロヴァニエミと仲良しみたいです。
こっちのサンタはスマホをしていて少しショックでした。

サンタクロース村からバスでロヴァニエミ市内へ移動します。
バス
こちらのオフィスで北極圏到達証明書ももらいました。

8キロ南のロヴァニエミ市内にあるマクドナルド。
マクドナルド
何年か前までは世界で一番北にあるマクドナルドでした。
(今はロシアのムルマンスクが最北端らしいです)

注文してみましたが、英語は通じるものの英語のメニューはなく、注文に少し苦労。
ウワサ通りこんなカードをサービスしてくれました。
カード

ロヴァニエミ市内。気温は13度。
ロヴァニエミ市内

モンテローザという創作料理店があります。(たいていのガイドには載っています)
モンテローザ
日本では大衆飲み屋のチェーンという印象がありますが、
ここでは高級店。せっかくですがパス。

WAKKANAIという名前の寿司屋さんを発見しました。
WAKKANAI
まぁ北海道と何のご縁が。

通りすがりの公園で地元っ子に紛れて遊びました。
ANGRY BIRDS
ANGRY BIRDSがテーマらしいです。

ローカルキャラなのかと思いましたが、
フィンランド発祥のゲーム界では結構世界的に有名なキャラらしく、
この10月には映画で北海道にも上陸するらしいとあとで知りました。
angrybirds

ロヴァニエミ教会。
ロヴァニエミ教会
息子は寺だけでなく教会の造りにも関心を持ち出したらしいです。

ロヴァニエミ駅にきました。
ロヴァニエミ駅
ここから今日は寝台列車に乗ります。

目の前は今日バスを降りたところです。
バス乗り場
フィンランドではホームとの間に柵とかなく出入り自由です。
切符はネットで買えるので、駅に入る必要も特にありません。
うちはロヴァニエミ駅のロッカーにスーツケースを預けていましたが。

駅のロッカーです。
ロッカー
スーツケースも入って2€か4€だったと思います。
2€、1€、50セントの3種類が使えたと思います。

今日乗る寝台列車です。
寝台列車
俗にサンタクロースエキスプレスと呼ばれますが、
現地ではそうした名称は特にありません。

2階建てでそれぞれ個室の2段ベッドがあります。
線路かロシアと同じ広軌なので車両には余裕があります。

ここでトラブル発生。
乗車して個室に入るのにカードキーが部屋の入り口に刺さっているという
良くも悪くも信用商売みたいな状況があるのですが、2部屋のうち1部屋に
刺さっておらず入室不可!
食堂車にいた車掌に対応を要求するも、他にもその手のトラブルがあるらしく
15分待ってと言われるも、15分経っても来ず。
おまえ50分って言ったか?と嫌みを言いたくなるのを堪えつつもう1回車掌を
探しに行くとのんびり検札してやがったので、すぐ対応を要求すると部屋の
中からカードキーを1枚出すも、もう1枚の所在がわからないのは恐ろしいので
カギの交換を要求すると、ちょっと待ってとその場を離れようとするので、
何分?って聞いたら2分と言うので待っていたら正確に2分後に戻り、カギに
細工してカギを変えてくれました。
もう1部屋に入れるまで1時間ムダに。
子どもは疲れて寝るし大人も疲れているのに夜9時から1時間座れもしないし。
ここまでの対応をすべて私のインチキ英語で、我ながらよくやったと思う。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。