So-net無料ブログ作成
検索選択

ムーミンワールド [育児日記海外編]

今日はムーミンワールドへ向かいます。

昨日切符を購入しておいた列車に乗ります。
IC

ヨーロッパ式で座席はお見合い式の固定席なのですが、
真ん中のテーブル席を取ってもらいました。
座席
Face-to-Face seatというらしいです。

検札がきます。改札口がないので当然です。
検札
息子にお願いしたところ、なんと!車掌さんが息子にやらせてくれました。
機械でバーコードをピッ!と読むのです。
フィンランドでもこんな体験しようと思ってできるものではありません。
貴重な経験に感謝!

ヘルシンキから2時間弱、トゥルクという街から市バスで移動します。
市バス乗り場
市バス乗り場まで15分~20分程度歩きます。バスは15分間隔で出ています。
バス代金の支払いでこの旅ではじめてクレジットカードが使えませんでした。
現金のみ。しかもはじめてバスの運転手に私のいい加減な英語が通じませんでした。

市バスで30分ちょっと、ナーンタリという街まで行き、
そこから看板もない道をまた15分歩くとムーミンワールドに着きます。
事前にgooglemapで確認しておいて良かった。

入り口の横断幕に日本語も。
横断幕
パンフレットも日本語のがありました。

ムーミンたちはいっぱいおります。
ムーミン
島自体がそんなに大きくなく、2時間程度でもおおざっぱには見れました。
家族で100€超えはなかなかきついです。

行き帰りに時間がかかるのでさっさと撤収。

帰りの列車は家族用の個室になりました。
個室
追加料金はかかりません。

室内にはキッズコーナーまであります。
キッズコーナー
同じ車両の一般席にもキッズコーナーがあります。

ヘルシンキに18時過ぎに戻りました。
その足で、地元の遊園地にも行ってしまいました。
ヘルシンキ中央駅の銅像も乗り物の橋脚になってしまうゆるい遊園地です。
リンナンマキ遊園地

ここの名物木製ジェットコースター。
木製
1回券8€で娘と乗っちゃいました。
娘は怖かったと言っていました。
息子は身長制限(120cm以上)で乗れませんでした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。