So-net無料ブログ作成

男の子を伸ばす母親が・・・ [読書とか]

あと1週間で息子が10歳になるというタイミングに
図書館にあったのを見つけて読んでみました。

男の子を伸ばす母親が10歳までにしていること

男の子を伸ばす母親が10歳までにしていること

  • 作者: 柳沢 幸雄
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2018/11/20
  • メディア: 単行本



特に考えが合うなと思ったことはこちら。中学生や高校生になると子ども達の知識の源泉は、 教員でもなければ親でもなく、友達がメインになる
 →自分の子どもの頃もそうでした。
  それに耐えうるだけのいい友人が必要です。

授業は静かではなく内容に沿ったことで声が出るのはいい。
 →自分も騒がしい方でした。
  それを許してくれる度量のある先生達がいてこそ。

受験は本人の意思を尊重 学校に対する憧れがモチベーションを生む 実際に学校を見に行くのが一番いい
 →うちのベースもここです。

入学時の順位と卒業時の順位に相関関係はない
 →私もそう思いますし、実際自分もそうでした。
  背伸びしてレベルの高い高校に行った方が伸びると思います。
  推薦狙いとか落ちこぼれ回避のためにレベルを下げる発想はダメだと思います。

これからは出る杭になれという時代になっていく
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。